今必要なパソコンのスキルを自分に合った形で!

独学とパソコン教室ではどちらが効率的?

100歳まで生きるお供に

今や、多くの人が手にするパソコンですが、実際に普及し始めたのは1995年(平成10年)頃、つまり今から約20年前だといわれています。
今や一家に一台は当たり前、将来的には一人一台は当たり前になるでしょう。
最近では、お年寄りが独学で学んだエクセル使って作ったLINEスタンプが大ヒットしたり、子供がプログラミングによって国際大会にでたりして話題になっています。
また教育指導要領の変更に伴い、2020年から小学校教育現場でのプログラミング教育が必修化されました。
着々とパソコンの世界は私たちの日常に根付き、確実に浸透してきています。

ところが一方で、未だにパソコンを使いこなせなかったり、IT用語を聴くたびに頭にはてなマーク、の人も多くいらっしゃるのが現状です。
これから先も、パソコンは確実に必要なスキルになってくるでしょう。
実際にパソコンのスキルを磨きたい!
と思ったとき、独学とパソコン教室に通うのではどちらが効率が良いのでしょうか?
独学ではきちんと知識がつくか心配だし、パソコン教室では費用が高いイメージがあるし、自分の家からどれくらいの距離で通えるのか、授業時間や頻度、どの教室がいいのかも気になりますよね。

パソコン教室にも独学で学ぶにも、当たり前ですが双方にメリットとデメリットが存在します。
自分に対してそのデメリットが気になるものなのか、それともメリットの方が大きいのかを見極めて、効率よく学びましょう。