今必要なパソコンのスキルを自分に合った形で!

>

根付きつつある、インターネット

お年寄りのパソコンの用途

お年寄りの場合、何のためにパソコンを使うかによって変化してきます。
お年寄りのためのパソコン教室で習えることは、年賀状などのハガキ作り、ワードやエクセル、ブログの基礎知識、タブレットの使い方、などがあります。
年賀状は、表のデザインだけでなく、裏の宛名までプリントできるように教えてもらえます。

また、教室によっては、年賀状だけでなく、シンプルなマグカップに撮った写真をデザインしてオリジナルマグカップを作ったり、孫や飼い猫などの写真を入れたオリジナルキーホルダー、オリジナルうちわなんかも作ることができるようです。
タブレットの使い方を習得すれば、スカイプなどで遠く離れた孫ともテレビ電話も可能になって、生活にハリが出そうですね。

オススメはパソコン教室

個人的にはパソコン教室がオススメです。
なぜなら自宅で独学で学ぶよりもメリットが多いように感じるからです。
例えば、パソコン教室に通うことでパソコン仲間ができます。
大人になると新しい友達を作ることは難しくなります。
パソコン教室はお年寄りになってから新しい友だちを作る場としても利用できます。

他にも、パソコンを使うことは頭をつかいます。
そのため、認知症予防にも役に立ちます。
写真が趣味の方が教室で習いブログを開設すれば、同じ趣味の人と交流ができ、なおかつブログを書く際にはその日あったことを思い出して書くため、脳も活性化されます。
そして、家にこもりがちになっていたとしても、パソコン教室に通うために外に出るのでいい気分転換になると思います。


この記事をシェアする