今必要なパソコンのスキルを自分に合った形で!

>

使える資格をとろう

資格をとるにはどっち?

エクセル、ワード、パワーポイントの一番メジャーな資格はMOSでしょう。
MOS試験とは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略で、エクセル、ワード、パワーポイントの基礎が網羅できます。
試験は一か月に一回程度あり、バージョン別に試験があるので、自分が普段使っているバージョンの試験を受けることができます。
この試験に合格するとエクセル、ワード、パワーポイントを確実に使いこなすことができるようになります。

独学で学ぶとしても、教室に通って学ぶとしても、まずは自分のレベルをしりましょう。
パソコンが全く初心者なのか、少し習ったことがあるのか、会社でワード、エクセルを使ったことがあるのか、使いこなせるのか自分で考えてみましょう。

双方のメリット、デメリット

まだ教室に通って学ぶか、独学で学ぶか決めかねている人も多いでしょう。
そこで、双方のメリット、デメリットをお教えします。
まずは、パソコン教室のメリットです。
企業であるため、試験対策がしっかりしている。
教室で学ぶと、独学より学習スピードが速い。
学習のポイントが分かる。
デメリットとしては、通学や授業により時間が制限される。
学習が受け身になりがち。

次に独学の一番のメリットはパソコン教室に比べて格段に費用が安いことでしょう 。
デメリットとしては、わからない箇所を質問することができない。
モチベーションの維持が難しい。
テキストを選ぶのが難しい、などです。

一見、パソコン教室の方がメリットが多いように感じますが、自分で参考書を使いながら解決できるのであれば独学でもよいでしょう。


この記事をシェアする